目指せ世界一周!

リンクシンドローム

世界一周をするルート

世界一周をするコースはいくつかありますが、最も人気なのが西回りコースです。日本を出発して西に移動するため、アジアで旅に慣れる時間を得られます。フライト時間が短いだけでなくアジアは物価も低いのでバスや電車での移動も費用を圧迫しません。世界一周を目指す旅行者が集まるので、互いに情報を交換する場にもなります。アメリカを思う存分楽しみたい場合は、東回りコースです。日本から東に向かうと太平洋横断が目の前で、10時間を超えるロングフライトを経験します。予算や体力に余裕があるので、アメリカの魅力を満喫できます。アメリカは州によって雰囲気が全く違うので、アジアの1国に匹敵するほどの広さや文化をアメリカの1つの州で体験できます。ヨーロッパを中心にすれば、まずヨーロッパに行って現地で安い航空券を購入すれば次の行き先が見つかります。旅行代理店ではペルーやブラジルなど南米大陸に着目したチケットを用意することがあり、通常より安い価格で世界一周できます。旅行中は飛行機での移動が多くなります。よってエコノミーよりも少し高いビジネスクラスを選んだ方が寝心地が良いです。座席がゆったりとしており、リクライニングもできるので旅の疲れを癒せます。

さまざまな世界一周について

世界を一周することには誰もが憧れを持ちますが、やはり費用の問題があるのでなかなか実現することは難しいかもしれません。しかし、近年では世界一周にもさまざまな種類が出てきており比較的安価で行くことも可能になってきました。今回はそんなさまざまな世界一周についてです。まず一番人気があり費用も抑えられるのが船を利用した一周です。しかし、これは一周といっても大陸を回るがあまり多くの国は立ち寄りません。つまり地球一周と考えてもいいでしょう。宿泊費と食費などが船に含まれるので比較的安価に抑えられることがメリットです。次に、好きな国を飛行機を使い回る周遊型の世界一周です。飛行機にコストがかかりますが、国を減らし狭く深く国を見ることで充実します。次に、バックパッカーで回る世界一周です。陸路はバスと鉄道で移動することでさまざまな国を見ることができる人気の高い一周です。時間はかかりますが費用を抑えることも可能です。さまざまな国の文化に触れることができたり、さまざまな国の人に会うこともでき、普通では味わうことができない経験をすることができます。これらのように世界を一周し見て回ることで経験を積むことができ、より充実した人生を歩むことができるでしょう。

おすすめWEBサイト

貸会議室 東京駅
http://www.officetokyo.net/
印鑑の通販
http://www.hankomori.com/
販促品
http://www.sp-venus.com/
基礎2級
http://www.e-monozo.com/shopbrand/027/X/
福岡のペットショップ
http://www.dogfamily.info/
盛岡市 歯科
http://www.mikidental.com/
気功 東京
http://fukadakenkou.com/

2016/7/7 更新